bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設はやばい?真相・登録方法・最新キャンペーンを紹介します!【2022年6月】

ビットフライヤー-口座-開設-やばい

  
  

ビットフライヤーでクレジットカードが作れるらしいけど、どんなカードなの?

魅力溢れるビットフライヤーに登録してみたいけど、「やばい」って噂を聞いてしまった…。
そんなことになったら、口座開設したい気持ちがあっても不安で先に進めないですよね。
やはり、そういった不安要素はしっかりと排除したうえで気持ちよく口座開設に進んで欲しいと思います。


そこで本記事では、ビットフライヤーが「やばい」と噂されている原因と真相を解明しつつ、口座登録方法と最新のキャンペーンについて紹介していきます!

筆者はビットフライヤーを利用していますが、特にやばいと感じたことはありません。

口座開設前の不安を解消するためにも、一緒に真相に迫っていきましょう!

ビットフライヤーの口座開設は…
  • やばくない!無料で口座開設ができ、取引量や週次訪問数も国内取引所の中でトップクラス
  • やばいという噂のほとんどは、真相を知れば心配に至らない
  • ビットフライヤーの買収や取締役交代などで、ユーザーが不利益を被ることはない

以下の場合はリンクへ飛んで記事をお進みください!

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順

ビットフライヤー‐口座開設手順

ビットフライヤーがやばくないことは知っている、もしくは本記事を読んでわかった!という方は、早速口座開設をしてみましょう。

ビットフライヤーで口座開設をする時に必要なもの

・ メールアドレス
・ 本人確認書類

ビットフライヤー‐口座開設手順

【ビットフライヤーのアカウント登録・口座開設手順】

  1. ビットフライヤー公式サイトから「新規登録」をクリック
  2. メールアドレスを入力
  3. メールに記載されているキーワードを入力
  4. 任意のパスワードを入力
  5. 規約への同意にチェック(必ずすべてに目を通しましょう)
  6. 二段階認証の設定
    ・携帯電話でのSMS認証
    ・Google Authenticatorを使ったアプリ認証(アプリのダウンロードが必要です)
    ・メール(公式非推奨)

ここまでで口座開設手順の第一段階が終了です。
この後、公式サイトからログインしたら「クイック本人確認」を行います。
クイック本人確認は、スマホのカメラ機能を使って本人確認書類と自分の写真・動画を撮影することで、最短当日に審査が終了できるしくみになっています。
本人確認をしないと取引ができないので、必ず行いましょう。
ビットフライヤーのスマホアプリからも同様に口座開設が可能です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

>>今すぐbitFlyer(ビットフライヤー) に登録

bitFlyer(ビットフライヤー)はやばいって本当?真相

ビットフライヤー‐やばい‐真相

ビットフライヤーがやばいと噂される原因は3つあります。
4つもあるの!とびっくりされる方もいると思いますが、一つ一つの真相を知っていくと心配のいらないものばかりです。
ここでは、ビットフライヤーのやばい噂と真相を解説していきます。

  • 突然の口座凍結
  • 過去の業務改善命令
  • 最近の社長交代

bitFlyer(ビットフライヤー)がやばい!噂①|突然の口座凍結

真相:普通に利用していれば口座凍結はされない。

ビットフライヤーだけでなく、通常仮想通貨取引所は何の理由もなく突然ユーザーの口座を凍結することはありません。
アカウントロック(一時的な凍結)は確かに起こりますが、これはログイン時にパスワード入力を何度もミスした場合に発生します。
このため、一般的なユーザーが心配することはありません。
ただし、何らかの法や規約に触れた場合は、容赦なく口座凍結されることは間違いありません。

しかし、ビットフライヤーで突然口座凍結されてしまい、出金ができなくなってしまったという話は実際にあります。

有名な実業家のM氏もビットフライヤーの口座凍結に関する動画をアップして、一部界隈で話題となりました。(凍結時の口座残高は344円でした。)
特に、この動画を見たことがある人は「ビットフライヤーってやばいかも!?」と思ってしまうのも無理はありません。
この場合のように、身に覚えのない凍結をされた!という時は、何らかの法に触れている可能性が考えられます。
ただし、口座凍結された理由を問い合わせても答えられないことが多いので、明らかになっていません。
こうしたこともあって「突然理不尽な口座凍結を受けた!」という噂が広がっていると推察します。

ビットフライヤーではありませんが、関連事例のサマリーを紹介しておきます。
詳しくは、事例参考記事をご覧ください。

口座凍結事例サマリー:3億円以上の資金が入った口座を突然凍結された
  • 利用取引所(ビットフライヤーではない)からメールが届いた
  • メールに気づかず、重要な質問に対する回答をせずに放置していた
  • 回答放棄によって、口座凍結された
  • 問い合わせても、何が原因で口座凍結措置をされたか答えてもらえないが「法令」によるものだと判明
  • 自身で色々調べた結果、「犯罪収益移転防止法」に触れた可能性があると発覚

事例参考:「いきなり口座凍結」…日給300万円仮想通貨トレーダーの悲鳴(幻冬舎GOLD ONLINE)

ビットフライヤーで口座凍結されないための極意!

ビットフライヤーが定める禁止行為をしないことが、口座凍結を防ぐ方法です。
ビットフライヤーで口座開設をする時、ユーザーは「利用規約」に同意しなければなりません。
利用規約は長くて読みにくいので読み飛ばしてしまう人もいると思いますが、「第8条 禁止行為」と「第9条 本サービス停止等」の項目で、予告なく凍結を行う旨がしっかり書かれています。
この部分をしっかり読んでおけば、突然口座が凍結されることを防げます!

bitFlyer(ビットフライヤー)がやばい!噂②|過去の業務改善命令

真相: 2021年10月14日に第一種金融商品取引業者として登録を完了したため、現在は何も問題がない!


ビットフライヤーが過去に金融庁より業務改善命令を受けたことは事実です。
しかし、これを受けて現在は第一種金融商品取引業者として登録を済ませているため、現時点で何か大きな問題があるわけではありません。

過去に受けた業務改善命令について、紹介しておきましょう。
2018年6月22日、金融庁は正式にビットフライヤーに対して業務改善命令を出したことを発表しました。
大きな原因は、マネーロンダリングなどへの対策が不十分であったというものです。
これによって新規口座開設の受付を停止という措置を取らざるを得なくなりました。
この時、業務改善命令を受けたのはビットフライヤーだけでなく、ビットバンクなど合計6社の取引所です。

2018年は、1月にコインチェックの不正流出事件がありました。
金融庁は、コインチェックの事件を受けて、各取引所の動向について厳しい目で検査していたのです。
ビットフライヤーはその後業務改善を徹底、2019年6月28日に業務改善命令が解除されていたことが明らかになりました。
このため、同年7月3日より新規口座開設の受付を再開、現在に至るまで特に問題なく運営を続けています。
当時のビットフライヤーの対応については、ニュース動画でご覧ください。

動画出典:ANNewsCH ※動画は2018年のものです。

bitFlyer(ビットフライヤー)がやばい!噂③|買収のニュース

真相:ビットフライヤーが買収されても、ユーザーが利用できなくなることはない!

ビットフライヤーが買収される!というニュースを今年4月頃から目にするようになりました。
これに対して、ビットフライヤーは公式発表で「買収に関して決定された事実はない」と明言しています。(2022年4月3日時点)

買収については、投資ファンドACAグループによって行われると明言している記事もあります。
その後、どうなっていくかは行方を追っていくことで明らかになるでしょう。

ビットフライヤーユーザーの中には、「買収されたらビットフライヤーが使えなくなるの?」と心配する人もいると思いますが、そういったことはありませんので安心してください。

このような国内仮想通貨取引所の事業売却の例は、既にあります。
2020年に、Zホールディングス傘下にあったTaoTaoをSBIホールディングスが買収して、その後SBI VCトレードとして再編されています。
このように、ビットフライヤーがもし買収されたとしても、いきなりユーザーが締め出されることはないのです。

ビットフライヤー‐買収

画像引用:bitFlyer公式

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設はやばくない!登録した方が良い理由とは

ビットフライヤー‐登録した方が良い理由

ビットフライヤーの口座開設をした方が良い理由について、紹介します。

  • 取引高が高く、ユーザー数が多い信頼度の高い取引所だから
  • 仮想通貨取引以外のサービスが非常に充実しているから
  • 国内取引所は併用が基本だから

様々な要因で「やばい!」と感じる噂もありましたが、基本的にはどれも解決済み・取り越し苦労というものが多いです。
実際、ビットフライヤーを利用しているユーザーは多いです。
CoinMarketCapのデータ(※)を見ると、で国内取引所の中で一番取引高が高く、週次訪問数も多いことがわかります。
取引高の高さとユーザーの多さは、取引所の信頼度を示しています。

ビットフライヤー‐ランキング

画像出典:CoinMarketCap ※画像とデータは2022年5月15日時点のもの

さらにビットフライヤーは、仮想通貨取引以外のサービスが充実しているので、非常に満足できます。
特に、ビットコインがポイントのように貯まるビットフライヤークレジットカードは登録必須でしょう。

仮想通貨取引所の利用は、併用が基本です。
特に、国内取引所のみを使いたいという人は、様々な銘柄を買うためにもあらゆる取引所の口座開設をしているものなのです。
口座開設自体は無料なので、ビットフライヤーの口座も開設しておくと何かと便利だと言えます。

ビットフライヤーがやばくないことがわかれば一安心です。
早速、口座開設をしてみましょう!手順はこちらで紹介しています。

【2022年5月】bitFlye(ビットフライヤー)で実施中のキャンペーン

ビットフライヤー‐キャンペーン

現在、ビットフライヤーで実施中のキャンペーンはありません。

現在は終了していますが、最近実施されたキャンペーンは以下の通りです。

  • 総額 100 万円相当のシンボル山分けキャンペーン
  • bitFlyer × Brave Android 版公開記念共同キャンペーン
  • 抽選で11,111名にビットコインが当たる!クイズキャンペーン
  • bitFlyeクレカポイント還元率アップキャンペーン
  • 1,000 円相当のビットコインが必ずもらえる!友達招待キャンペーン
  • bitFlyer かんたん積立 キャンペーン
  • bitFlyer 創業 8 周年記念!総額 88,888,888 satoshi 山分けキャンペーン

ビットフライヤー8周年ともあって、今年の初めには様々なキャンペーンが行われていました。
ただし、実は新規会員登録や口座開設キャンペーンというのは行われていません。
このため、どのタイミングで口座開設をしても損をすることはありません

bitFlyer(ビットフライヤー)の真相・口座開設手順・最新キャンペーンまとめ

ビットフライヤー‐口座開設手順-キャンペーン‐まとめ

ビットフライヤーには様々な噂があり、「やばいのかな?」と心配していた人もいると思います。
しかし、紐解いていくと現在は改善されていたり取り越し苦労だったりと、心配の要らないものばかりでした。
真相解明によって不安も取り除けたと思いますので、ビットフライヤーの口座開設に進んでみましょう。
ちなみにビットフライヤーでは、過去のキャンペーンを見ても口座開設関連のキャンペーンはありませんでした。
関連するとしたら、友達紹介キャンペーンです。このキャンペーンはこれからまた行われる可能性があります。
その時に、友達を紹介してボーナスを受け取るためにも、早めに口座開設を済ませておきましょう。

>>今すぐbitFlyer(ビットフライヤー) に登録