ダイナースクラブプレミアムカードの審査は厳しい?年収いくらで獲得できる?愛用者が徹底解説!

年収-いくら 愛用者ー徹底解説

麗

ダイナースクラブプレミアムカードの特典が豊富なので手に入れたいです!

けどインビテーションを受けないとカードを作れないんですよね?

社長
社長

そうだね。ダイナースクラブプレミアムカードはハイステータスなカードだから、インビテーションを受けないと作れないんだ。

まずはカードについて知ることをおすすめするよ。

「ダイナースクラブプレミアムカード」とは、ブラックカードならではのサービスやステータス性を兼ね備えたクレジットカードです。14万円以上の年会費に見合った、様々な特典が付いてきます。

今回は、ダイナースクラブプレミアムカードの愛用者として徹底解説していきます!

ぜひこの記事を参考にして、持っていいるだけで優越感に浸れてしまう、ステータス性抜群のブラックカードを手に入れてみませんか?

ダイナースクラブプレミアムとは?

そもそもダイナースクラブ プレミアムカードとはどのようなカードなのか紹介していきます。

以下がダイナースクラブ プレミアムカードの基本情報です。

名称ダイナースクラブプレミアムカード
年会費143,000円(税込)
家族会員:無料
カードデザイン

ダイナースクラブプレミアム
お申込み条件インビテーションを受けること
ご利用可能枠一律の制限なし
※利用可能額は、会員お一人様ごとのご利用状況やお支払い実績などによって個別に設定される
お支払方法一回払い/ボーナス一括払い/リボ払い
お支払日15日締め10日払い
国際ブランドダイナースクラブ(Diners Club)

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブが発行する最上級カードです。

ステータス性が高く、特典・優待も充実しています。

しかし完全インビテーション制のため限られた人しか持てません。

ダイナースクラブプレミアムカードは、ダイナースから特別な招待を受けることで初めて申し込みが可能になります。インビテーションの基準は公表されていませんが、利用実績や信用を重ねていく必要があるのは確かでしょう。

ダイナースクラブプレミアムカードの審査基準は?

審査難易度

ダイナースクラブプレミアムカードは、抜群のステータスを誇るからからこそ、審査も厳しくなります。

まず前提として、27歳未満は通常のダイナースクラブカードの申し込みができないためカードの利用履歴を積めるのは27歳からです。

審査の難易度は最高クラスです。もちろん審査の基準は非公開ですが、少なくともインビテーションが届くには、その前段階にあたるダイナースクラブカードの継続的な利用が必要です。

ダイナースプレミアムのインビテーションが届く条件

ダイナースクラブプレミアムカードのインビテーションが届く基準や条件は、公開されていません。

ただし、これまでに取得した人の声を集めると、「利用頻度」「年間利用金額」が重視されていると考えられます。

インビテーションが届いた実績のある利用頻度・年間利用金額

インビテーションを受けた人の口コミから見た、ダイナースクラブプレミアムカードの「年間利用金額」や「利用期間」は次の通りでした。

  • 8カ月で180万円ほどの利用
  • 数年間に渡って年200~300万円の利用
  • 半年で500万円の利用

インビテーションには、カード会社が定める様々な条件がありますが、最も重要だと言われているのが年間決済額です

上記の傾向から見ると、半年から数年に渡って年間200万円以上のカード利用が、1つの基準になっているように推測できます。

しかし、利用金額がすべてではなく、利用頻度・利用用途・遅延の有無といったクレヒスも欠かせないポイントでしょう。どんなに実績を積み重ねても、信用情報に傷があればインビテーションが届く可能性は極めて低くなります。

ダイナースクラブカードを保有している

まずはダイナースクラブカードを保有しているのが前提条件です。ダイナースクラブカードで継続的に決済し、年間利用額が積み重なることでインビテーションが届きます。

カード会社からすればダイナースクラブカードを保有している方は、当然ダイナースプレミアムの見込み客であるため、一定の条件を満たした場合にはインビテーションという形で上位のカードの招待が届くわけです。

インビテーション書類は電話取得もできる

ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションは電話でもリクエストできます。

電話でもリクエストする場合は次に紹介する2点に注意しましょう。

リクエストするためにはダイナースクラブカードの保有は必須

どうしてもインビテーションが届かない場合は、電話でもリクエストをすれば書類を送ってもらえる可能性があります。ただし、この場合ダイナースクラブカードの保有は必須です。

まずダイナースクラブカードを発行して1年間で200~500万円ほど決済したのち、カード裏面のダイナースクラブ コールセンターに連絡しましょう。

ダイナースカードを保有していない場合

ダイナースクラブカードを所持していないと、コールセンターに電話してもインビテーション書類は取得できません。しかし、なかには特別なルートでインビテーションが受けられる方法もあります。

方法としては以下の通りです。

  • 医療関係者向けサイト「m3.com」のキャンペーン利用
  • ダイナースイベント参加
  • ダイナースプレミアム保持者からの紹介

ダイナースクラブカード保有していなくともインビテーションが届いたという方は、上記のいずれかに該当している場合が多いです。

「m3.com」は医師会員限定のコンテンツですし、ダイナースのイベントに参加するとなるとある程度の社会的地位も求められたりと現実的ではありません。

したがって、ダイナースクラブカードを保有していなくても、ダイナースプレミアムを発行したい場合は、紹介者を探すのが最も有効なルートです。

ダイナースクラブカードの特徴

ステータス性の高いブラックカード

ダイナースプレミアムカードは、いわゆるブラックカードで非常にステータス性が高いカードです。

取得することも難しく、ある程度社会的に認められた人しか所有することができません。

付帯されているサービスも満足度の高いものばかりです。

利用限度額

ダイナースクラブプレミアムカードは限度額においても、他社とは異なる特徴を持っています。

ダイナースクラブが掲げるポリシーのひとつに「カード利用金額に一律の制限は設けない」というものがあります。

利用限度額は、カード会員の信用力に応じて個別に定めるため、一律の利用制限はありません。信用があればあるほど限度額が上がっていくでしょう。

カードには1~300万円までのキャッシング機能も付きます。その際、キャッシング金利は15%です。

ポイントの還元率も0.4%~1%と平均よりも高めであり、ポイントに有効期限が定めれらていないことも嬉しい特徴ではないでしょうか。

ダイナースクラブプレミアムのメリット

TRUST CLUBワールドエリートカードが無料で手に入る

引用元:ダイナースクラブ公式サイト

ダイナースクラブプレミアムカードには、コンパニオンカードとして「TRUST CLUBワ-ルドエリートカード」が年会費無料で発行される特典が付きます。こちらは最高クラスのMastercardなのですが、その特典も同時に利用でき、支払い明細などは本カードと一本化できます。DinersとMastercardの2つのカードのメリットを享受できるわけです。

ダイナースクラブ加盟店ではダイナースクラブカード、Mastercard加盟店ではコンパニオンカードと、2つのカードを使い分けてご利用いただくと、効率的にポイントをためることができます。ダイナースクラブカード

「TRUST CLUBワールドエリートカード」は、Mastercardの中でも最上位のステータスが備わったカードです。カードを提示すると、世界中で1000カ所を超える空港ラウンジが同伴者一名まで無料で利用可能であり、エグゼクティブに便利な優待が利用できます。ポイントは100円ごとに1ポイント貯まり、貯めたポイントはプレミアムカードの利用分に合算できます。

ほかにも以下のような特典が付きます。

  • Taste of Premiumが付く
  • Boingo Wi-Fiサービスが利用できる

「Taste of Premium」を利用すると、空港での送迎サービスや手荷物無料宅配など出張サービスや、高級旅館やレストラン、国内外のさまざまなホテルでのワンランク上のサービスを受けられます!

「Boingo Wi-Fiサービス」を使えば国内外100ヵ国100万カ所以上のスポットで、インターネットへの接続が可能です。

最大1億円の旅行傷害保険が自動で付帯

ダイナースクラブプレミアムカードには、最大1億円の「旅行傷害保険」が付帯されています。さらには年間500万円までのショッピングリカバリーや、最高20万円までのキャンセルプロテクション、最高1億円のゴルファー保険、年間10万円までの外貨盗難保険など、手厚い補償が付くので、万が一のトラブル時にも安心です。

旅行での死亡や後遺障害の際には、家族カードを保持していないご家族に対して最高1000万円まで補償もあるので、安心して旅行に行けるでしょう。

その他、追加できる機能を以下で紹介します。

追加できる機能備考
家族カード年会費無料(一名まで)
ETCカード年会費無料
電子マネーチャージ楽天Edy
スマホ決済Apple Pay/Google Pay

特に家族会員は、本会員と同程度のステータスがついてくるので、家族がいる方にはお得だといえるでしょう。

プレミアム会員限定のコンシェルジュ

プレミアム会員専用のコンシェルジュを利用することができます。24時間365日様々な依頼に対応してもらえます。幅広い依頼事項に対応してくれるダイナースプレミアムのコンシェルジュには、カード決済とは関係がないリクエストも可能です。

また、他のカード会社にあまりない特徴として、メールで依頼をすることができるという点にあります。電話だと躊躇してしまうという方でもメールなら気兼ねなく利用することができるでしょう。

ダイナースクラブプレミアムカードのデメリット

招待制なので誰でも手にできるカードではない

ダイナースクラブカードプレミアムカードはそもそも招待制なので、自分から申し込むことはできません。

さらに招待をされても、審査通過率が2割とあえいわれる非常に狭き門です。

ブラックカード保持者というと、「高収入」「社会的地位が高い職業」などのイメージが強いかもしれません。実際には、以下の条件を満たしている人にインビテーションが届くとされています。

  • 年間利用額が一定以上の高額であること
  • 継続して現在のカードを利用している
  • 遅れなくきちんと支払いがなされている

「年収1000万円以上が目安」ともいわれていますが、年収が多くても返済の遅延履歴が確認されたり、現在進行形で高額な借り入れがあったりすれば、審査は通らない可能性が高いです。

逆にいえば、1000万円とはいわずとも安定した収入があり、堅実かつ着実なカード利用実績があれば、ダイナースクラブプレミアムカードに招待される可能性があると言えるでしょう。

ポイント還元率以外の価値が高いため買い物利用には向かない

ダイナースクラブプレミアムカードの143,000円(税込)という年会費を、ショッピング利用から得られる還元率0.4%~1.0%のポイントで回収するのは、なかなか難しいです。

むしろ価値があるのは、ポイント以外の優待特典です。買い物をメインとしてダイナースクラブプレミアムカードを検討するのは、元が取りにくいので、あまりおすすめしません。

ダイナースクラブプレミアムカードの審査は厳しい?年収いくらで獲得できる?愛用者が徹底解説!まとめ

今回はダイナースクラブプレミアムカードの愛用者として、真相と魅力を徹底解説していきました!

ハイステータスでありながら実用性も兼ね備えているダイナースクラブプレミアムカードは非常に魅力的ですよね!

もちろんハイステータスな分、年会費は143,000円(税込)と高額ですが、数多くのメリットが用意されており、使い方次第で年会費以上の特典を得ることができます!

ダイナースクラブプレミアムカードを発行するためにも、まずはダイナースクラブカードを発行し継続して利用していきましょう!

ぜひダイナースクラブプレミアムカードを手に入れて、年会費以上のサービスや特典を味わってください!