仮想通貨おすすめ銘柄2022!これから伸びるのはコレ!

悩んでいる人
悩んでいる人

仮想通貨を買ってみたいけど、失敗したくない…

2022年に伸びる可能性がある銘柄を教えて!

この記事では、2022年に伸びる可能性のあるおすすめ銘柄を紹介しています。

仮想通貨市場には、ビットコインやイーサリアム以下に何千もの銘柄があります。

2021年はビットコインが数倍の価値になり、それに伴い多くのアルトコインと呼ばれる通貨または銘柄が大きく成長する年となりました。

そこで、今回は、投資家が2022年に購入するべき仮想通貨をいくつかピックアップし、徹底的に解説したいと思います!

仮想通貨の購入や取引には仮想通貨専用口座が必要です。

おすすめは「コインチェック」

初心者にもわかりやすくシンプルで取扱い&支持率No.1です。

▶今すぐコインチェックで無料口座開設

仮想通貨に投資すべき理由

仮想通貨市場は株式市場に比べ、まだまだ未熟であるため、すでに多くの人々が億万長者が誕生しており、今後さらに多くの方々が億万長者になる可能性があります。

しかし、このサクセスストーリーには、反対のストーリーも含まれていることを忘れてはいけません。

と言うのも、多くの投資家は、詐欺コインに投資したり、仮想通貨市場の暴落中にパニックに陥ったりして、かなりの金額を失っています。

重要な市場パターンの1つとして、リスクが報酬や収益と一致することがあり、仮想通貨市場にもこれが当てはまります。

仮想通貨に投資することのメリットとデメリット

他のタイプの投資と同様に、仮想通貨投資には独自の利点と欠点があります。

仮想通貨に投資する主な利点は次のとおりです。

高いボラティリティがある

仮想通貨市場の非常に高いボラティリティは、 投資の潜在的な収益性も非常に高くなることを意味します。

実際、収益性の観点から仮想通貨と比較できる投資の種類はほとんどありません。

他のほとんどの種類の投資とは異なり、投資を開始するために多くの資金を持っている必要はなく、誰でも少額から投資できます。

シンプルな取引

仮想通貨投資は、仲介者、ブローカー、または多数の文書への記入を必要とせず、通常、インターネットにアクセスするだけで可能です。

仮想通貨に投資することで、それらの採用を増やし 、一般的なブロックチェーン技術の開発に貢献することもできます。

もちろん、このようなメリットの反面、以下のようなデメリットも存在します。

ボラティリティが大きすぎる

高いボラティリティは、単なるメリットだけではありません。

仮想通貨の価格は数日で急騰し、数倍に上昇する可能性がありますが、同じように急速に崩壊する可能性があります。

盗難やハッキング、詐欺のリスクがある 

仮想通貨に投資するときは、 犯罪者があなたの通貨を盗むようなリスクが多く存在します。

多くの仮想通貨は、誇大広告でお金を稼ぐことを唯一の目的として作成されています。

この目標を達成した後、そのような仮想通貨の作成者はプロジェクトを放棄します。これは通常、これらの仮想通貨の価格の大幅な下落につながります。

複利効果が基本的にはない

仮想通貨を所有することは株式投資のように配当の形で収入を生み出さないので、ほとんどの場合、投資家は仮想通貨がより高い価格で販売された場合にはじめて利益を得ることができます。

株式投資のように保有して放置するだけで、配当をもらうような仕組みは基本的にないため、初心者にとって、仮想通貨への投資を成功させるために必要な知識をすべて習得するのは難しい場合があります 。

取引の難しさや規制のリスク

場合によっては、仮想通貨を法定通貨に変換したり、その逆のことを行ったりすることが難しい場合があります。

また、規制上のリスクもあり、ほとんどの国では、規制当局は仮想通貨に対する枠組みに関してまだ最終決定に至っていません

そして、いくつかの国の政府は、マネーロンダリングの名目で仮想通貨を完全に禁止しようとしています。このようなリスクは、仮想通貨の価格に悪影響を及ぼします。

2021年に最も成功した仮想通貨5選

さて、2022年の投資すべき銘柄を考える前に、2021年に成功した銘柄を見ていきましょう。

2021年は、仮想通貨投資家にとって非常に有益な年となりました。

というのも、主要な仮想通貨であるビットコインは、年初から5倍以上価格が上昇しているためです。

では、2021年に最も印象的な成長を示した仮想通貨はどれなのでしょうか?

今回は、低い流動性を持つマイナーな通貨は触れずに、仮想通貨市場ですでに人気を博しているコインの中で最高のパフォーマンスを発揮するものをリストしました。

2021年に高いパフォーマンスを示した仮想通貨(執筆時点のROIを参照)

通貨名ROIランキング時価総額
SHIB654倍13位¥1,981,653,261,369
SOL
240倍
5位¥6,552,810,910,739
SAND245倍37位¥541,565,898,236
DOGE207倍12位¥2,608,372,049,969
AXS400倍28位¥678,015,569,484

このように、今年は、新興コインだけでなく、かつてミームコインとして愛されていたDogeコインなども高騰しており、そのような銘柄が市場を牽引する象徴的な年となっています。

2022年のオススメ銘柄の見極め方

さて、いよいよ2022年に焦点を当ててオススメの銘柄を考えていきましょう。

一般的に、長期投資を選択する場合は、個人的に有望であることがわかっている通貨を購入することをお勧めします。

というのも、仮想通貨市場は常に変動しており、損失の機会はさけられないためです。

さらに、銘柄を選択するときは、プロジェクトが次のことを行うかどうかなどの基準を評価する必要があります。

  • 市場のニーズに応えてるか積極的に開発しているか強力なコミュニティ支持がある
  • 積極的に開発しているか
  • 強力なコミュニティ支持がある
  • 今後注目される分野は?

    銘柄を見る前に今後トレンドになりつつある分野を理解しましょう。トレンドとしては以下の分野が挙げられます。

  • 分散型ファイナンス(Defi)
  • ソフトウェアプラットフォーム(NFT)
  • デジタルゴールド
  • ミームコイン(コミュニティコイン
  • 分散型ファイナンス(Defi)

    分散型ファイナンスとは、従来の銀行の関与なしに行われる金融活動を指します。 

    従来のローンには、ローンの処理、レビュー、承認に参加する銀行の人間が関与しますが、仮想通貨の形で資金を提供するDefiローンは、それを処理するアルゴリズムを備えたイーサリアムのようなネットワーク上のアプリを介して実行できます。

    借り手は担保としていくらかの仮想通貨を提示し、ローンを返済するときに利子を差し引いて返済します。

    2021年にDefi市場も大きく飛躍する年となり、この勢いが2022年も続くと予想されています。

    ソフトウェアプラットフォーム(NFT)

    イーサリアムのプログラム可能なネットワークは、カスタマイズ可能な使用を促進しています。

    一例は、今年、仮想通貨コミュニティの注目を浴びたNFT(非代替トークン)の作成です。

    NFTはイーサリアムベースのデジタル資産であり、イーサリアムネットワークの需要と供給に基づいて価値を保持します。  

    例:イーサリアム、カルダノ、ポルカドット

    デジタルゴールド

    デジタルゴールド仮想通貨の主な例はビットコインですが、本来そのような目的では作成されていませんでした。

    ビットコインはもともとピアツーピアの電子決済システムとして発表されましたが、変動性から目的は外れ、近年はデジタルゴールドとして注目されています。

    例:ビットコイン、ライトコイン

    Meme(ミーム)コインなどのコミュニティコイン

    利用可能な仮想通貨は現在、何千もありますが、現状それらの多くは、ほとんどまたはまったく価値がなく、開発も行っていません。

    一般的にこれらの通貨は主要通貨に比べて、投資の対象にはなりませんが、コミュニティ支持が強い通貨は一部大きな利益率を上げるものもあります。

    例えば、今年有名な起業家であるイーロンマスク氏がTwitter上で、何度もDogeコインを支持するようなツイートをしたことで、価格は高騰を繰り返しました。

    また、WhoppercoinとPutinCoinは、最近有名なもう1つの有名なmemecoinであるDogecoinと同様に、このカテゴリの仮想通貨に分類されます。

    例:Dogecoin、PutinCoin、Whoppercoin

    2022年おすすめできる銘柄15選

    2022年の投資先としておすすめできる通貨を15選ピックアップしました。

  • BTC/ビットコイン
  • ETH/イーサリアム
  • ATOM/コスモス
  • SOL/ソラナ
  • ADA/カルダノ
  • AVAX/アバランチ
  • BNB/バイナンスコイン
  • DOT/ポルカドット
  • LINK/チェーンリンク
  • EOS/イオス
  • LUNA/テラ
  • SAND/サンドボックス
  • MATIC/ポリゴン
  • BTC/ビットコイン

    ビットコインは何度も浮き沈みを繰り返しながら、おそらく今では、長期的な投資家にとって収益性の高い投資対象となっています。

    ビットコインの価格は、5年前は、ビットコインを約500ドルで購入できましたが、2021年11月30日の時点で、1つのビットコインの価格は57,000ドルを超えていました。これは約11,400%の成長です。

    ETH/イーサリアム

    イーサリアムは、ブロックチェーン上で単なる通貨としてではなく、実際のユースケースを持つことになった世界で最初のプロジェクトです。

    イーサリアムは、スマートコントラクと分散型アプリケーションを開発および実行するためのプラットフォーム です。

    このプロジェクトには強力な創設チームがあり、積極的に開発を進めており、新しい競合他社がますます増えているにもかかわらず、弱点の兆候は見られません。

    その理由として第一に、イーサリアムには高いレベルの実際のユースケースがあります。

    スマートコントラクトは、ブロックチェーン上に存在し、取引通貨としてETHを使用する自己実行型の契約のことを言います。  

    第二に、Altairアップグレードとして知られる最近のイーサリアムアップグレードは、ネットワークをよりスケーラブルで安全にするため、投資家から高い評価を得ている点です。

    このアップグレードは、数か月前のイーサリアムのロンドンハードフォークと呼ばれる機能の実装の後に追加されたものです。

    このロンドンのアップグレードは、イーサリアムが電力エネルギーに依存したプルーフオブワーク(POW)モデルから、2022年に完成する予定のエネルギー効率の高いプルーフオブステーク(PoS)モデルへの移行における重要なステップとして注目を浴びました。

    ATOM/コスモス

    コスモスはイーサリアムのライバルでとして、独自の機能を備えています。

    これは、相互運用性というさまざまなブロックチェーンを相互に接続する機能を実現することを目的としています。

    コスモスネットワークは、エネルギー効率の高いプルーフオブステーク(PoS)プロトコルで実行されており、独自通貨のATOMが中心です。

    コスモスエコシステムには現在250のブロックチェーン、アプリ、サービスがあり、これまでの成長はマーケティングや誇大広告に依存しているその他の仮想通貨とは異なり、主に技術の進歩に大きく依存しています。

    したがって、DeFiがブロックチェーンの世界を浸透する中、コスモスネットワークは2022年も成長を続けると予想されており、ATOMトークンの価格に関しても同様です。

    SOL/ソラナ

    ソラナは、プルーフオブステークメカニズムを使用してコンセンサスを達成するパブリックブロックチェーンプラットフォームです。

    その独自通貨はSOLであり、2021年に急成長して、世界で5番目に価値のある暗号通貨になりました。

    ソラナは2021年のトップパフォーマーの一つであり、12月3日時点の時価総額は650億ドルで、世界で5番目に価値のある暗号通貨になりました。

    今年は、13,000%を超える驚異的な収益を記録しており、1.61ドルから214ドルに上昇し、今年これまでの仮想通貨による最大級の利益率となりました。

    ソラナは、分散型ファイナンスのユースケースとして分散型アプリ、スマートコントラクトを支援するために開発されており、プルーフオブステークモデルとプルーフオブヒストリーという新しいモデルの下、実行されています。

    これらの機能によりトランザクションの迅速かつ安全な処理を可能にし、独自通貨であるSOLは、プラットフォームを強化します。

    また、ソラナの急成長の背景には、巨大なコミュニティ支持の存在もあります。

    しかし、ソラナはまだ比較的新参者であり、2020年に開始したばかりで非常に不安定である可能性があるため、現時点ではリスクの高い投機的な賭けになっていることに注意が必要です。

    投資家はリスクを理解し、失う余裕のあるお金だけを投資する必要があります。

    ADA/カルダノ

    カルダノは、プルーフオブステークのブロックチェーンプラットフォームであり、その目標はチェンジメーカー、イノベーターたちが前向きな地球規模の変化をもたらすことを可能にすることであるとされています。

    カルダノは、その柔軟なネットワークによって仮想通貨投資家のコミュニティの間で人気を集めています。これは、2022年に莫大な成長の可能性を秘めた最高の仮想通貨の1つです。

    時価総額で6番目に大きい暗号通貨であるADAは、2021年で最も話題になっているアルトコインの1つであり、特に、支持者から「イーサリアムキラー」と呼ばれることが多いです。

    カルダノの独自通貨であるADAは、今年これまでに1,000%以上を獲得し、最高のパフォーマンスを発揮する仮想通貨の1つになりました。

    ADAは、9月に行われたAlonzoと呼ばれるハードフォークの立ち上げをめぐって多くの誇大宣伝で今年を始め、 トークンの機能を劇的に進化させています。

    さらに、カルダノのPlutusスクリプトの導入により、開発者はエコシステムに分散型アプリケーションを構築できるようになりました。

    このPlutusは、カルダノブロックチェーンでスマートコントラクトを作成するためのプログラミング言語であり、ADAはさらに投資家の注目と関心を引くものとなっています。

    これらの技術的強化と、DeFiおよびスマートコントラクトの人気と採用の高まりによって、ADAは現在よりも継続的な需要を増加させ、2022年に価格パフォーマンスをさらに高める可能性があります。

    AVAX/アバランチ

    Avalancheは、分散型アプリケーションを開発しており、イーサリアムのライバルの1つであり、スマートコントラクトの最も人気のあるブロックチェーンとしてイーサリアムの解決策として超えることを目指しています。

    スケーラビリティを損なうことなく、1秒あたり最大6,500トランザクションというより高いトランザクション出力を実現することを目的としています。

    アバランチブロックチェーンは、分散型アプリを構築するためのプラットフォームを提供するため、イーサリアムの競合相手として、非常に低料金で業界最速のスマートコントラクトプラットフォームです。

    その独自通貨のAVAXコインは、アバランチのコンセンサスメカニズム(トランザクションを検証する方法)の一部として、およびネットワークトランザクション料金の支払いの両方に使用されます。

    2021年8月に、アバランチ財団はAvalancheRushと言う新しいプログラムを発表し、より多くのアプリケーションがアバランチエコシステムに移行することを奨励するために1億8000万米ドルのDeFiインセンティブを割り当てました。

    このプログラムは、一般投資家だけでなく、ブロックチェーン企業も引きつけました。

    このAvalanche Rushの発表以来、ロックされた合計値(TVL)(アバランチプロトコルに賭けられた資産の累積値)は、2億5,000万米ドルからなんと130億ドルまで跳ね上がりました。

    プログラムの成功に基づいて、財団は投資ファンドを作り、DeFi、エンタープライズアプリケーション、NFTに焦点を当てた開発者をアバランチブロックチェーンに引き付けるためにさらに2億ドルを割り当てました。

    そのインセンティブプログラムと組織の関心の高まりは、AVAXが将来、優良な仮想通貨になる可能性があることを示唆しています。

    これまでの1年間で、AVAXトークンは3.17ドルから122.65ドルへと驚異的な3,800%の利益を上げており、より多くのアプリケーションがそのエコシステムに移行することで、価格の上昇は2022年も続くと予想できます。

    BNB/バイナンスコイン

    BNBは、1日あたりの平均取引量が20億、1秒あたりのトランザクション数が140万を超える、現在3位に位置しており、将来のトップ仮想通貨の1つになる大きな可能性を秘めています。

    Binanceコインは、独自のBinance取引所での取引量が多いことでよく知られています。したがって、これにより、暗号投資家はこの暗号通貨を選択して、近い将来にいくらかの利益を得ることができます。

    ▶︎▶︎今すぐバイナンス公式HPを確認

    DOT/ポルカドット

    ポルカドットという通貨は、異なるブロックチェーンを結び付け、最終的にユーザーがデータを制御できる分散型インターネットであるWeb3.0を作成するためのプロジェクトです。

    ブロックチェーン業界で最も有名な人物の1人であるGavinWoodによって設立され、経験豊富な開発チームがいます。このプロジェクトには多くの利点があり、すでにトークンの価格が大幅に上昇しており、時価総額ランキング11位に位置しています。

    LTC/ライトコイン

    ライトコインは、昔からある仮想通貨ですが、プロジェクトには革新的なアイデアがありませんが、非常に広く採用されており、かなり人気があり、継続的な成長を示しています。

    現在は、18位にランクインしており、2022年以降にデジタルゴールドとして再度見直され、価格が復活するかもしれません。

    LINK/チェーンリンク

    チェーンリンク は、ネットワーク外の世界からの情報をブロックチェーンに提供するオラクルの分散型サービスです。

    オラクルはデータプロバイダー、ブロックチェーンの新興企業、DeFiセクターの間で需要があるため、このプロジェクトは非常に有望に見えます。

    現在20位ですが、多くのアナリストはそのトークンが過小評価されていると考えているため、2022年も大幅に伸びる余地があります。

    TRX/トロン

    トロンは、中国の仮想通貨業界で人気の通貨の一つであり、現在25位にランクインしています

    トロンは戦略的なマーケティングでこれまで成長きしてきており、高スループット、高スケーラビリティ、高可用性を提供します。

    EOS/イオス

    イオスは、48位に位置している仮想通貨です。ボラティリティレベルが高いため、短期的な取引として非常に人気があります。投資家は、このボラティリティから短期間で十分な利益を得ることができます。

    これは、EOSパブリックブロックチェーン、EOSパワーアップモデルなどを使用して、暗号通貨市場で予測可能なデジタルインフラストラクチャを構築するためのオープンソースブロックチェーンプラットフォームとして知られています。

    SHIB/シバコイン

    シバは、2020年8月に「Ryoshi」と呼ばれる匿名の個人またはグループによって作成された分散型の仮想通貨です。

    仮想通貨投資家は、イーロン・マスクのツイートにより、このコインを知り、数日間、ドージコインの後を辿るように値上がりを続けました。

    2021年に価格が急騰し、13位まで上り詰めています

    LUNA/テラ

    LUNAは現在、ランク10位にある仮想通貨ですが、今年最も成長した仮想通貨のうちのは1つです。

    LUNAを独自通貨とするテラは、分散型のプログラム可能な支払いネットワークであり、このプロトコルは、オンラインユーザーに低コストの支払いとトランザクションを提供します。

    テラのオープンインフラストラクチャはdAppにも最適であり、Tiki、Qoo10、Carousell、WoowaBrothersを含む15を超えるeコマース企業とパートナーシップを結んでいます。

    こちらもパートナーシップの増加に伴い、2022年も値上がりが予想されます。

    SAND/サンドボックス

    サンドボックスは、時価総額37位を獲得するためにどこからともなく立ち上がったプロジェクトです。

    このプロジェクトは、Facebookのメタバースに関与しているため、メタバースとして取引できる初期の仮想通貨として人気を得ています。

    メタバースは今年ホットな話題であり、サンドボックスは2021年11月に史上最高値の8.44ドルに達しました。これまでのところ、投資収益率はなんと61,293パーセントを記録しています。

    2022年もメタバースの中心的通貨として、成長を遂げる可能性が高いです。

    MATIC/ポリゴン

    ポリゴンは、時価総額10位にランクインしており、2021年4月末以降、大幅な価格変動を経験しました。

    今年の7月には0.7ドルを下回りましたが、5月には2.68ドルという史上最高値に達しました。それ以来、下落しましたが、12月の急騰により、2.48ドルに上昇しています。

    ポリゴンも依然として2022年も強気なトレンドを維持する可能性が高い通貨の1つです。

    仮想通貨おすすめ銘柄2022まとめ

    特に長期投資に関しては、どの仮想通貨が最も有望であるか誰もわからないという事実があります。

    しかし、個々の通貨と仮想通貨市場全体を注意深く研究することで、いくつかの有望な通貨を見出すこともできます。

    このような仮想通貨市場の徹底的な研究とそれに伴うリスク管理は、仮想通貨への投資でお金を稼ぐのに役立ちます。

    ただし、成長の可能性がある通貨も価格が上がり切ったところで買っても全く意味がありません。

    市場が低迷しているタイミングが重要であり、いかに安く買っておけるかが、収益を高める最善の方法です。

    今回の記事だけでなく、独自の分析や調査を行い、投資を行うようにしてください。