NFTの買い方!5ステップで初心者でも簡単購入が可能!

NFTの買い方!5ステップで初心者でも簡単購入が可能!

悩んでいる人
悩んでいる人

NFTを買ってみたいけどどうやって買うのかな?
初心者でも簡単に購入する方法が知りたい。

この記事を読むことでこれからNFTを買ってみたいと思う初心者でも今日からNFTを購入することができるようになります。

NFTのことは理解していても、イマイチ買い方がわからない方も多くいるのではないでしょうか。

そこで今回は、NFTの買い方を初心者でもわかりやすく5つのステップで解説したいと思います!

NFTを購入する5つの手順

最初は面倒に思えるかもしれませんが、1回限りの設定で、数分でNFTを簡単に購入できます。

5つのステップで見ていきましょう。

  1. 分散型ウォレット(メタマスク)を設定する
  2. メタマスクでイーサリアムを購入する
  3. NFTマーケットプレイスと接続する
  4. 購入したいNFTを探す
  5. 最初のNFTを購入する

ステップ1 : メタマスクを設定

暗号通貨ウォレットには「管理型ウォレット」と「分散型ウォレット」がありますが、メタマスクは分散型ウォレットになります。

では早速、メタマスクウォレットの設定方法を説明します。

手順は以下のとおりです。

1.MetaMaskのインストール
2.Chromeの拡張機能を追加する
3. [はじめに]をクリックします。

4. [ウォレットの作成]をクリックします

5.指示に従い、パスワードを作成します。

6.秘密のバックアップフレーズを保存する

7.完了メッセージを受け取る

1.MetaMaskのインストール

MetaMaskChrome拡張機能をインストールします。

>>インストールはこちらから。

2.Chromeの拡張機能を追加する

これで、Chrome拡張機能にMetaMaskを追加できました。

3. [はじめに]をクリックします。

4. [ウォレットの作成]をクリックします

5.指示に従い、パスワードを作成します。

6.秘密のバックアップフレーズを保存する

このステップは、ウォレットのセットアップで最も重要な部分となります。

シークレットバックアップフレーズは12語のフレーズで、パスワードを忘れたり、別のコンピューターを使用したりした場合にウォレットを復元するのに役立ちます。

このフレーズは、秘密のフレーズなので決して誰とも共有しないようにしてください。

また、紛失しないようにしましょう。

紛失した場合、コンピュータの紛失、盗難、またはデータの破損が発生した場合にウォレットにアクセスできなくなります。

7.完了メッセージを受け取る

最後に、ウォレットが正常に作成されたことを意味するこのメッセージが表示されます。

メタマスクの準備はこれで完了です。

ステップ2 : メタマスクでイーサリアム(ETH)を購入

MetaMaskウォレットをセットアップしたら、最初のNFTの支払いにEther(ETH)が必要になります。

MetamaskでETHを購入するか、すでに別の既存ウォレットがあればそこから転送することもできます。

日本からはApple Payもしくは銀行振り込みまたはクレジットカードで購入ができます。

銀行振り込み|クレジットカードで購入する場合

まずはメタマスクのTOPページを開いて「ETHの購入」をクリック。

すると、ガス代に関する説明ページに移るので、スキップして購入画面に移ります。

以下のような購入方法の選択画面が出ます。

まずは、銀行振り込みまたはカードでTransakというシステムを利用してETHを購入する方法です。

上記のような画面に移り、日本円で買いたいイーサリアムの額、ウォレットアドレスを入力します。

ただし、Transakを使うためには、登録と本人確認が必要です。以下の手順で行いましょう。

  • メールアドレス登録
  • 個人情報入力
  • 本人確認書類の提出

Apple Payで購入する場合

Apple Payで購入するには、あらかじめApple Payにカードを追加しておく必要があります。

【ETHを購入できない場合】は別のウォレットからETHを転送する ことで解決できます。

手順は以下のとおり

それぞれの取引所の「引き出し」ページ に移動し、ウォレットのアドレスを入力することで、別のウォレットからETHを転送できます。

取引所などの管理型のウォレットからETHを引き出し、分散型ウォレットに移行できます。

ウォレットアドレスとは

ビットコインやイーサリアムなどのデジタル通貨を送受信するために使用することができ、文字と数字で構成された独特なデジタルアドレスのことです。

ウォレットアドレスは公開されており、他の人と安全に共有でき、従来の銀行システムの口座番号に似ています。

以下に示すように、MetaMaskウォレットアドレスは「0xdFA…」と続いている数字部分です。

ステップ3 :Openseaアカウントを設定する

MetaMaskウォレットを設定してETHを追加したら、次のステップはOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスでアカウントを設定することです。

NFTマーケットプレイスは、NFTを保存、表示、取引できるプラットフォームです。

これらのマーケットプレイスは、AmazonやeBayが製品に対して行うのと同じようにNFTに対して行われます。

OpenSeaのウェブサイトをクリックしてアカウントを作成してマイプロフィール→ログインし、指示に従ってください。

>>Openseaはこちらからどうぞ

指示に従ってアカウントを設定します。

購入後にウォレットで利用可能なNFTを表示できるように、MetaMaskウォレットをOpenSeaに接続する必要があります。

Get MetaMaskをクリックし、ウォレットを接続します。

ステップ4 : 購入したいNFTを探す

NFTマーケットプレイスで、購入したいNFTを探します。

エクスプローラーから探すことができます。

このページでは、以下のようなジャンル別で検索もできるため大変便利です。

  • 新しいリスト
  • アート
  • コレクション
  • ゲーム
  • そのほか多数のジャンル

ステップ5 : NFTを購入する

最初のNFTを購入する方法は2つあります。

NFTは基本的にOpenseaなどのマーケットプレイスで購入することで保有できますが、それとは別でミンティングというプロセスもあります。

初心者はOpenseaからの購入が簡単でおすすめです!

  1. NFTをミンティングして保有する
  2. Openseaマーケットプレイスで購入する←【初心者はこっち】

NFTをミンティングする

ミンティングとは

ブロックチェーン上にNFTを作成するプロセスであり、OpenSeaなどの市場で購入するよりもはるかに低コストで行えます。

ミンティングは、NFTマーケットプレイスにリストされるため、一般の人々に向けて自身のNFTをマーケットプレイスでリリースできます。

このミンティングプロセスの間、デジタルアートを選ぶことができないことに注意であり、その後、ランダムに割り当てられます。

RUUMZ NFTプロジェクトの例を見て手順を確認してみましょう。

1.公式サイトにアクセスしてウォレットを接続する

>>公式HPはこちら

※公式ウェブサイトにのみアクセスするようにしてください。

リンクは通常、TwitterハンドルまたはDiscordチャネルのいずれかで利用できます。

2.ドロップダウンからNFTの数を選択し、ミントをクリックする

通常、各NFTの価格は、トランザクションごとに作成できるNFTの最大数とともに指定されます。

ガス料金は、NFT購入ごとの取引手数料で、ガス料金はイーサリアムネットワークのトラフィックに基づいて異なり、継続料金はガストラッカーで利用できます。

NFTの数を選択し、ミントをクリックします。

3.ガス料金を確認する

ミントを開始する前に、MetaMask拡張機能がポップアップし、ガス料金が表示されます。

注意点として、商品価格が安すぎると、ガス料金が商品価格よりも高くなる場合があります。

いずれにせよ、ガストラッカーで進行中の価格を監視し、価格が下がったときにミンティングを再開することをお勧めします。

ガス料金を確認した後、[確認]をクリックすると、NFTが作成されます。

ブロックチェーントラフィックによっては、ミンティングプロセスの処理に数分かかる場合があります。ETHは、取引が成功した後にのみウォレットから差し引かれます。

まれに、コレクションが「売り切れ」になるとトランザクションが失敗し、ウォレットからガス料金が差し引かれる場合があります。

このような場合は、NFTプロジェクトチームにDiscordなどで連絡してヘルプを求めてください。

4.OpenSeaでコレクションを表示する

NFTを作成した後、[マイプロファイル]をクリックすると、OpenSeaでNFTコレクションを表示できるようになります。

マイプロファイルをクリックして、NFTを表示します

OpenSeaでNFTを購入する【初心者向け】

1. OpenSeaで購入したいNFTを検索

有名なNFTを購入したい場合、検索バーにその名前を入力します。

通常、人気のあるNFTプロジェクトは、青いチェックマークが付いた「検証済み」となってます。

偽のコレクションを避けるために、必チェックマーク付きを探してください(下のスクリーンショットを参照)。

まずは、ログインするためにメタマスクと接続します。

Dogeポンドを検索します。

2.目的のNFTをクリックします。

利用可能なすべてのNFTの中から、興味のあるものをクリックします。

3. [今すぐ購入]をクリックします

次のページで、「今すぐ購入」をクリックしてNFTを購入します。

4.合計を確認し、[チェックアウト]をクリックします

合計金額を確認して、チェックアウトをクリックして、NFTの購入を完了させます。

ミンティングプロセスと同様に、購入を完了するには、ガス料金を確認し、MetaMaskウォレットで取引を確認する必要があります。

これで、最初のNFTを購入することができました。

NFTを購入する5つのステップのまとめ。

NFTは、すべてのコンテンツ作成者と投資家にとって次の大きなトレンドであり、市場は2021年初頭に爆発しました。

最近、初期のNFTプロジェクトであるCryptopunksのpunk(5217)は、2250 ETH(当時5446822ドル)もの金額で売却されました。

これは、2017年6月にリリースされたイーサリアムブロックチェーンの最初のNFTプロジェクトの1つです。

このように、NFTは今後も高額な取引が行われ、多額の収益をうむ可能性があり、今回のような購入プロセスを理解しておくことは大いに役に立ちます。

ただし、NFTは、取引可能な資産として、まだ進化の初期段階にあり、NFTへの投資は非常にリスクが高くなります。

それらは不安定であり、投資決定を行う前に適切な調査を行う必要があります。これは、2015年の初期の暗号通貨市場に投資するのと同じくらいリスクが高いと考えてください。

したがって、独自で必ず調査を行い、賢く投資すれば、非常に儲かる投資になる可能性があります。ただし、失う余裕のあるものだけを投資するようにしてください。

最初のNFTを購入する前に、今回の記事をよく読んでおきましょう。