暗号資産(仮想通貨)

用語集-暗号資産

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)は、インターネットを通じて電子データのみでやりとりされる通貨である。ブロックチェーン技術を用いて管理され、法定通貨のような通用力や保証不特はないが、不特定多数のあいだで商品等の対価として使用できる。そのため、裏付けがなく需要の変動などの理由から、資産価格が大きく変動する可能性がある。しかし、銀行などの第三者を通さず利用できる点から高い注目を集め、取引量は増加傾向にある。
2019年5月に成立した資金決済法および金融商品取引法の改正によって、「仮想通貨」から「暗号資産」へと呼び方を変更し、公的に使われている。

主な銘柄

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
    etc.

上記の通り、様々な種類が存在し、代表的な暗号資産としてビットコインやイーサリアムなどがあげられる。

メリット

  • いつでもどこでも利用ができる
  • 送金スピードが早いため、海外との取引も手軽になる
  • 少額から取引が可能である

デメリット

  • ネットが利用できないと取引できない
  • 常に価格変動しており、変動幅が大きい
  • 法整備が整っていない